大野城市の内科,循環器科,呼吸器科,小児科

〒816-0943 福岡県大野城市白木原3-8-16-2F

0066-98010-150696

メニュー

インタビュー

  • HOME
  • インタビュー

患者さまの「こうしてほしい」に応えられる医療の提供をめざしてスタッフ一同、尽力いたします

開院50年以上、父より引き継ぎ、今に至ります。地域医療に貢献できるよう、適宜アンケート調査などをおこない、患者さまのご意見をとりいれた診療を心がけています。

医師を志したきっかけは何ですか?

私の父は開業医だったので、当たり前のように医師になるものだと思っていました。自然ななりゆきで医師の道に進んだ感じではあるのですが、実は、音楽家や役者、小説家にあこがれた時期もありました。でも全部途中で才能がないことを自覚し、やはり医師しかできないと思った次第です。

診療の際、心がけていることを教えてください。

患者さまの訴えをよく聞き、その内容に沿って診療することです。そのため、ときどき患者さまにアンケートをお願いしています。そこから得た患者さまの声をできる限り活かした医療の提供に、日々努めています。

また、診療内容は、イラストや図を使い、専門用語をかみ砕きながら、わかりやすく説明しています。ただし、病気の名前は多少難しくても、紙に書くなりして、医学的に正式な病名をお伝えしています。病名がわかれば、今後どのような症状が出てくるのか、どういった治療が必要になるのかなども理解しやすくなるからです。

スタッフとともに力を入れていることは何ですか?

当院には、お子さまからお年寄りまで、年齢も症状もさまざまな患者さまが来院されます。そのため、院内でケガをされたり、院内感染が起きたりしないよう、スタッフには対処の仕方についての研修を私がしっかりとおこなっています。

また、医療知識についても私が週に数回研修をおこない、医療器機メーカーから得た情報を共有したり、インフルエンザ、麻疹(はしか)、風疹などの感染症について、知識を深めてもらったりしています。予防接種後にかかった場合のはしかの症状は、教科書的なものとは違い、対処法に注意が必要ですので、しっかりと研修しています。

最後に、患者さまへのメッセージをお願いいたします。

開院50年以上、父の代からこの地域の医療に貢献できるよう努めています。生活習慣病や循環器疾患を中心に、子どもの病気、禁煙治療、在宅医療などに幅広く対応し、お子さまからお年寄りまで、地域のみなさまの健康をサポートいたします。

駅の目の前ですし、階段が少なく、アクセスのよい好立地ですので、お仕事でお忙しい方でも空き時間に通いやすいかと思います。

お体のことで気になることがありましたら、お気軽にお越しください。